ブルーオーシャンインプル研『会計事務所経営マンスリーレポート』

 


最近の経営環境

2017年8月13日 印刷用ページ

最近の動向から読み解く「会計事務所がこれから取り組むべき課題と経営改善事項」

 

1 会計事務所を取り巻く環境とトピックス

(1)顧客市場(中小企業)の現状

①依然と多い繰越利益欠損企業

 国税庁の「平成27年度分会社標本調査」によれば、徐々に利益計上法人は増加しつつあるが、

 それでも2,630,436社のうち、1,690,859社が欠損法人である。

 実に、64.3%の法人が欠損法人である。

 アベノミクス効果は確かに数値上表れてはいるが、それは微々たるものであり、バブル崩壊以前の状況にはほど遠い。

②世代交代できない中小・小規模企業

 2015年時点の中小・小規模企業経営者の中心年齢(最も多い年齢層)は66歳となり、この20年間で19歳も上がった。

 単純計算ではこのまま行くと、2020年には80歳前後に達し、2030年には中小・小規模企業は消滅するという。

③人件費の高騰化

 現代、中小企業は人材が採用できない「人材確保困難時代」から、人を雇用を維持することが困難な「人員確保困難時代」に

 突入していると云われている。

 その背景にあるのが、社会保険料の高騰と最低賃金の上昇、さらには働き方改革だ。

④消費税の改正

 消費税10%が延期されたことは記憶に新しいが、あと2年後の2019年10月には待ったナシで改正される予定だ。

 現在でも消費税滞納額は6000億円を超し、その滞納法人割合は20%を超すと云われている中で、

 消費税率が10%になれば、さらに滞納企業は増加し、中小企業減少に拍車をかける。

⑤インターネットの浸透と日常化

 総務省「28年版情報通信白書」によれば、2015年のインターネット普及率は83%となった。

 この83%という普及率は、幼児を除けば、ほぼ100%という数字だ。

 このことは今後、ICT化・IoT化・G5への移行などにより、その浸透度や日常度がほぼ100%となることを

 意味している。

⑥新規開業者の一極集中化と零細化

 日本政策金融公庫の首都圏創業融資件数は、昨年5,279件となり、前年比10%増え、過去最多を更新したという。

 一方、開業件数はというと相変わらず伸びず、オリンピック特需を見越した都心部への集中と不動産・建設業の業種特化を招き、

 一般企業の開業は小規模化している。

 その結果、会計事務所へ顧問依頼する新規開業者は少なくなっている。

-----------------------------------------------------------

以上のような顧客市場の変化をどう読み、どう対応するのか、

横並びの事務所経営ではなく、主体的な戦略と戦術の立案と実践が事務所経営にも求められている!

-----------------------------------------------------------

 

(2)技術革新の現状

①クラウドの進展

 インターネット技術の発達により、事務所で今以上の高性能パソコンを持つ必要はなくなった。

 ましてサーバーなどを保有する必要も全くない。

 それは一般中小企業においても同様であり、そのような背景が会計ソフトを浸透させていく下地となっている。

 さらに、30代から40代以後の若い経営者はリテラシーも備えている。

②フィンテックの普及

 ICTを駆使した金融ITサービスの進歩は利用者リテラシーの向上と相まって、フィンテックを利用した会計ソフトの浸透が

 火急的に広がろうとしている。それによって会計データの5割ぐらいは自動入力化となる。

 5割の会計データが仕訳も正しく、金額も間違いなく自動入力されることになる。

③AI技術の進展

 さらにAI技術の進展により、手入力の会計データも仕訳を間違わないで入力できるようになる。

 現在の突合を中心とした巡回監査だけでは、良い関与先企業ほど不要となる。

④インターネットのさらなる浸透と特化型AIから汎用AIへの発展

 インターネットはより高速に、より低料金となり、AIもこれからは特化型から汎用型へ発展する。

 そうすると経理はさらに省力化され、自ずと経理能力も高くなる。

 国税庁も税務相談はAIを使い、インターネットのチャットで相談ができたり、適切な回答が自動表示できるシステムを

 開発することを検討している。

-----------------------------------------------------------

現在は第四次産業革命(インダストリー4.0)の真っ最中!

「時代は変わっている」ではなく、「新しい時代が訪れている」と認識しなおすことで発想が違ってくる。

-----------------------------------------------------------

  |